上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--
ズババババババ!!!!!


自宅近くの甲州街道

爆音とともに、やたらペッタンコな車が向かって来る。



こんにちは、飯田です。

小学生のころ、スーパーカーブームを経験した僕は

今朝は少し興奮ぎみです。



その音の主は、なんと!

NCM_0251_20121118140550.jpg
NCM_0250.jpg

ランボルギーニ、アヴェンタドール!

なんと!4200万円!!でっせ旦那!!



直線と曲線の融合!

車なのに、何か生き物のような・・・

僕にはこのデザイン!ドストライク!です。


子供のころ、フェラーリやポルシェに熱狂しましたが

中でも『カウンタック』にひときわ憧れていました。

0131A9D3.jpg

ジョージアローがデザインした その車は

40年以上たっても、全く古さを感じない

今もなお未来からきた車に見える

素晴らしいデザインです。



そのカウンタックの流れを汲む

ランボルギーニの最新フラッグシップモデルが

アヴェンタドーlレです。

lamborghiniaventador-02.jpg



昔のモノを今に作り変えた車たち

02_photo_02.jpg
new_mini_1m.jpg
0002.jpg


レトロフューチャーなデザインも、それはそれでいいですが

やはり、デザインは後戻りせずに、未来に進まないと・・・

と、アヴェンタドールは改めて思わせられてしまう

圧倒的な存在感を放っていました。



優れたデザインとは

『心地良いズレ』

『今』や『ここ』よりもほんの少しの『ズレ』が必要だと

個人的には思うのですが・・・

時間のズレ

方向性のズレ

ズレが無くなって『今』や『ここ』になってしまうと飽きてしまう



この『心地よいズレ』が40年以上有り続ける

『カウンタック』のデザインは、もはや芸術の領域です。



かけ離れすぎない、『心地よいズレ』



過去に戻って、少し作り直すか

方向性の角度を少し変えてみたり

少し早足で今までにない未来に行くか・・・


『心地よいデザイン』へ

ヘアースタイルから変えてみませんか?


ドラマチックな変身もアリ!!

カラーの色を変えたり

ゆるーくパーマをかけたり

大胆にではなく、まずはほんの少しからでも・・・
スポンサーサイト

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。